ホーム > 特集・キャンペーン

特集・キャンペーン

  • ふるさとレポート

    自然と歴史を一杯に

    「地球環境を守りつつ、自然の恵みを生かさせて頂き、共存させていただいているのである。」 と150年以上の歴史を持つ川島酒造の川島さんは語った。 また、酒造りに欠かせない水や米といった“自然のめぐみ”は、“神様のめぐみ”であるとも語った。 川島酒造では、米の収穫や気温つまり、自然環境に寄り添って酒造りを行っているため、1年に1度冬の時期にしか酒造りを行わない。 このように環境に寄り添った酒造りを心がけているのである。

    • 2019.01.09 Wed
    • 滋賀県 高島市
  • ふるさとレポート

    のれんに新しい風を

    現在は4代目社長前田芳宏さん、次は自分が5代目になるのだと笑顔で語る前田竜宏さん。 前福は、初代前田福松さんがしらす専門店として明治36年に起業して以来、115年の歴史をもつ。 若者のしらす離れが進む中、どのようにしたらしらすを若者に食べてもらえるのかを地元の会社やお店と共に考え、試作を重ねている。 現在、しらすを原料とした様々な商品の試作も行っている。 とはいっても、一番人気はやはり“釜揚げしらす”である。

    • 2019.01.08 Tue
    • 和歌山県 湯浅町
  • ふるさとレポート

    ストレスフリーが“おいしい”のもと

    口の中に入れた瞬間ジワッととろけ、お肉の旨みが口の中でふわぁと広がるお肉を求めて、国内外から多くの人が訪れる場所がある。 それは、高島市の緑に囲まれた静かな里山『朽木』にある宝牧場である。

    • 2018.12.28 Fri
    • 滋賀県 高島市
  • ふるさとレポート

    この手で笑顔を守り続ける

    広さ11ヘクタール。つまり、東京ドーム3つ分という有田地域の中で1番大きなみかん農園である伊藤農園。歴史は100年以上。有田地域のみかん栽培の歴史はなんと400年。 そのような長い歴史の中で伊藤農園は農薬をできる限り使わず、肥料も有機肥料を用い、手作業で丹精込めてみかん作りを行っている。 現在、18種類以上の柑橘を取り扱っており、また30年前から規格外の柑橘の商品化にも自社で取り組んでいる。

    • 2018.12.27 Thu
    • 和歌山県 湯浅町
  • ふるさとレポート

    伝統文化でつなげる思い

    高島市で扇骨を作っている中で最も古い歴史を持つ高島扇骨業4代目(鈴木扇子店2代目)鈴木久人さん。 高島扇骨の歴史は約350年という長い歴史をもつ。 だが、多くの扇子店で目にしている扇子の扇骨の約90%がここ高島で作られているということを知っている人は少ない。

    • 2018.12.21 Fri
    • 滋賀県 高島市
  • ふるさとレポート

    ”和”と”輪”を大切に

    桜をシンボルツリーに西洋のカフェ文化と日本の和をおもてなしの心でつなぐ、 「桜珈琲」。 “LOVEある感動人”を行動指針とし、どんな時もお客様に感動していただくために情熱を持って行動する姿勢と、その魅力を取材してきました。

    • 2018.01.12 Fri
    • 大阪府 高石市
  • ふるさとレポート

    時代を超えて愛される

    自然のおいしさにこだわって、カステラを特別な日のお菓子からより身近な存在へ進化させた「カステラ銀装」。 毎日食べても飽きのこないシンプルな味わいとほのかな甘み、ふんわりだけどしっとりとした食感は、時代を超えて広く愛され続けています。

    • 2017.12.11 Mon
    • 大阪府 高石市
  • ふるさとレポート

    こころとからだにひとときの“贅沢”を

    豊かな自然に囲まれた 「日本観光旅館 み奈美亭」。 すばらしい泉質の天然温泉をはじめ、贅を尽くした料理の数々。 心の底から癒しのひと時を味わえる旅館です。

    • 2017.09.21 Thu
    • 大阪府 泉佐野市
  • ふるさとレポート

    お客様への愛を瓶に込めて

    新事業ながらも目覚ましい注目を浴びる、「idsumi ピクルス」。 日本にあう、今の時代ならではの箸休めとして、ピクルスの可能性を日々追い求め、美味しく親しみやすいピクルスづくりを行っておられます。

    • 2017.09.15 Fri
    • 大阪府 泉佐野市
1~9件 (11件)
1 2
よくある質問 自治体の皆様へ
ページトップ
よくある質問 スマートフォン